トイレ詰まりは業者依頼がお得【電話やメールなで気軽に相談可能】

MENU

節水で失敗しないために

トイレ

節水を見直してみましょう

トイレは、日常的にもっとも使う場所で、使えない状態になると非常に困る場所です。ティッシュペーパー、オモチャ、スマホなどの水に溶けない物を落として詰まらせてしまう。また、一度にたくさんのトイレットペーパーを流しすぎても詰まりの原因となる場合もあります。ほとんどの場合は、落とした物を拾う、時間を置いてもう一度流してみる、ラバーカップなどを用いて解消する場合がほとんどです。上記のように原因が明確であれば、解消されるトイレ詰まりですが、良かれと思ってやっているトイレの節水が、原因となりトイレ詰まりなどのトイレのトラブルに繋がっている場合があります。このような場合は節水が原因だと気付きにくいかもしれません。タンク内にペットボトルなどを入れているということはありませんか。ペットボトルが邪魔になり、タンク内の浮き玉やゴムが正常に動かず、水が止まらない、十分に排水できないなどのトラブルを引き起こします。節水を意識するあまりに、元栓を閉めすぎているということはありませんか。元栓を閉めると、一回に流れる水の分量を抑えることが出来るため節水できます。しかし、水の流れが悪くなるため、ちゃんと流れず、流れなかった物が蓄積してトイレ詰まりの原因になることもあるのです。トイレに流せるお掃除グッズをお使いの方もいらっしゃいますが、そのシートなども一度にたくさん流すと、トイレ詰まりの原因になりますから、一度に流すのは1枚くらいに止めておいた方が安心です。